美に入り彩を穿つ

周子
「こんにちはー。塩見周子でーす。今度、あたしと紗枝はんのユニット、『羽衣小町』でLIVEをやることになりました。しかも、舞台はなんと、神宮。故郷の京都への、凱旋LIVEだよ。あたしたちの歴史の記念すべき1ページ。みんなにも是非見てほしいなー。」

紗枝
「小早川紗枝どす~。うちら、ついにゆにっと曲をもろたんどす。曲名は『美に入り彩を穿つ』。うちらにぴったしな、美しゅうて、格好いい一曲やから、楽しみにしてておくれやす~。積み重ねてきた日々と現在。うちらのこれからを、よろしゅうお頼もうします~。」

ユニット「羽衣小町」のエンブレム。ふたりが故郷に刻んだ現在を表す証。歴史はひとつの区切りを迎え、新たな未来が紡がれる。

紗枝
「周子はん……周子はん、そろそろ起きなあきまへんえ。もう京都駅やさかい。降りる準備せえへんと。ほら、次はたくしーで移動どす。しゃっきりしよし。」

周子
「ん……? あれ、京都駅……? なんで……?」

紗枝
「もう、周子はんったら。まだ寝ぼけてはる? ……まあ、最近目まぐるしゅうて、ここまであっという間やったからなぁ。」

周子
「あー……うん。シューコちゃんチューニングできてきた。そっか、うちらプロデューサーさんに呼び出されて……。」

──数日前

フレデリカ
「おー、シューコちゃん、紗枝ちゃん、帰ってきたねー。おつとめご苦労さまー。」

周子
「やー。ただいまフレちゃん。シャバの空気はおいしいねー。」

フレデリカ
「シャバシャバだからねー。で、シューコちゃん、プロデューサーにお呼び出しされて、なに怒られてたのー?」

周子
「うーん、そっかー。フレちゃんの中では、怒られてたことになってるんだー。そんなこと言ってないのにねー。なんでかなー。」

ゆかり
「あの……。紗枝ちゃんと一緒に呼ばれていたということは、『羽衣小町』でのお仕事の話、でしょうか?」

紗枝
「ふふ。ゆかりはん、正解どす~。新しい曲をもろて、京都でLIVEさしてくれはるんやて。」

フレデリカ
「わお! 新曲! きょーと! 超豪華! フレちゃんびっくり!」

ゆかり
「それはそれは、おめでとうございます。故郷でのユニット新曲……とっても素敵なLIVEになりそうですね。」

周子
「ありがとー。なんていうか、やっとかーって感じだよねぇ。」

紗枝
「せやなぁ。豪華な舞台を用意してくれるいうてはったし、楽しみやわぁ。」

周子
「京都でやるなら、親にも連絡しとかないとねー。」

紗枝
「みなはんへのお土産も、考えとかなあかんなぁ。」

フレデリカ・ゆかり
「…………。」


ゆかり
「少し、意外でした。紗枝ちゃんと周子さん、ユニットを組んでから長いですし、もっとすこく喜ぶかと思っていましたけど……。」

フレデリカ
「むしろ、アタシたちの方が喜んじゃったよね。フレちゃんとゆかりちゃんの喜び爆発ユニット誕生! みたいな。どっかーん♪」

ゆかり
「ふふっ。そうですね……どっかーん♪」

フレデリカ
「ふふー♪まぁ、そこがあのふたりらしいんじゃないー? フレちゃん、よくわかんないけどー。」

ゆかり
「たしかに。おふたりには、独特の距離感というか、雰囲気がありますよね。」

フレデリカ
「でもでも、すっごく仲良しなんだよね、あのふたり。ふっしぎー。わんだほー。」

ゆかり
「おふたりの間からは、積み上げてきた年月を感じますから。その上での新曲……。やはり、素敵なステージになりそうですね。」


紗枝
「周子はん……周子はん、そろそろ起きなあきまへんえ。降りる準備せえへんと。」

周子
「……無限ループ? って、あれ。ここは……。」


──神宮

周子
「おおー、神宮。ここに来ると、さすがに京都だなーって感じするよね。」

紗枝
「こないな場所でLIVEさしてもらえるなんて光栄やわあ。プロデューサーはん、ほんま、おおきに。」

周子
「そのぶん、いいLIVEにするよー。ま、ほどほどに期待しててー。」

[期待している]

周子
「だってさ紗枝はん。頑張ってねー。」

紗枝
「うちひとりやと心細いわあ。誰か……誰か、隣で一緒に踊ってくれへんと。誰か……。」

周子
「仕方ないなぁ。プロデューサーさん、あたしの衣装、貸してあげる。ステージで紗枝はんが待ってるよ。」

紗枝
「周子はん、いけずやわぁ。」

[ふたりも、ずいぶん仲良くなったね]

周子
「そりゃ、最初のころはねー。いままで、いろいろあったからさ。」

紗枝
「最初のころ……ふふ、なんや、いま思うと懐かしいわぁ。」

──神宮

周子
「あたしと紗枝はんが組んだばっかりのころかぁ。もうすいぶん前なんだねえ。正直、最初はこんなに長くなるなんて思ってなかったよ。」

紗枝
「実は、うちもどす。フロデューサーはんに呼ばれて、『ゆにっと』やぁ言われた時はどないしよか思て……ふふ、懐かしいわあ。」


──事務所

周子
「ユニット?」

紗枝
「ゆにっと?」

[うなずく]

周子
「あたしと……小早川、紗枝ちゃんで?」

紗枝
「『羽衣小町』……大仰やけど、かいらしい名前やわぁ。」

周子
「和風コンセプト、京都つなかりかーなるほどねー。じゃー、ま、紗枝ちゃん、これからよろしくー。」

紗枝
「塩見はん、うちはまだまだ精進中の身やけど、どうぞよろしゅうお頼もうします。」


ゆかり
「なるほど……『羽衣小町』ですか。おふたりにぴったりの名前だと思います。」

フレデリカ
「そっかー、シューコちゃんって京都出身だっけー。はんなりユニットだねぇー。おまけにフレちゃんはいかがー?」

周子
「そんなフレちゃんの出身は?」

フレデリカ
「おフランスの京都! パリ!」

フレデリカ・周子
「いえーい!」

紗枝
「ふふ、塩見はんも宮本はんも、おもろい人やわぁ。楽しいゆにっとになりそうで、うち安心どす~。」

ゆかり
「塩見さんと紗枝さんなら息も合いそうですし、美しい舞を見ることかできそうで、楽しみですね。」


──数時間後

紗枝
「ふぅ……ゆにっとを組んでも、ひとりのお仕事も続くんやねぇ。大変やけど、気張らなあきまへんなぁ。……て、あら? この声は……。」

周子
『オトナ色のあたし、よろしゅーこ♪』

紗枝
「塩見はんの出てるこまーしゃるやねぇ。ほんま、綺麗で大人びてはって。洒脱で気張らへんところも、格好ええお人やわぁ。……なぁ、プロデューサーはん。ひとつきいてもええやろか。うちは古風やし、どんくさいところもありますやろ? 京都出身やいうても、塩見はんとは全然ちゃいます。プロデューサーはんも、何も考えんと組ませたわけやないですやろ? 『羽衣小町』に何か秘策があるんやったら、教えてほしいわぁ。」

[違うけど似てるから大丈夫]

紗枝
「似てる……ん~せやろか。プロデューサーはんの言うてはることは信じてますけど……。まぁ、うちも塩見はんのことよう知らんし。まだまだこれからゆうことやろか。ゆにっとゆうんも大変やねえ。」


──事務所廊下

周子
「お、いたいた。プロデューサーさん。帰る準備できたよー。ハァ~、やれやれー。今日も1日おつかれちゃーん、っと。プロデューサーさん、シューコちゃん放って、どこいってたん? 『羽衣小町』の売り込み……? ふふ、さっすがー♪そういえば、『羽衣小町』といえばさー、紗枝ちゃんって、真面目で素直ないい子だよねー。だからさー。逆になんかちょっとやりづらそうっていうか。ほら、シューコちゃんってさ、自由人だから。紗枝ちゃんのこと、振り回しちゃう気がするんだよねー。わかってても気遣えるタイプじゃないしねー。プロデューサーさんもそのぐらいわかってるだろうから、どう考えてるのかなーって。」

[紗枝はしたたかだよ]

[P]P
「それに……。」

[周子は優しい]

周子
「やーん、買い被りやわー。でもそっかー、したたか、ね。ま、そこまで言うんなら、そのへんのフォローは任せたよ、プロデューサーさん♪」


周子
「あの頃はねー、ホントに、お互いのことよくわかってなかったもんねー。ぶっちゃけ、大丈夫かなーって不安だったよ。」

紗枝
「結局は、プロデューサーはんの言う通りやったなぁ。こんなにずぅっと、周子はんとやってこれて。」

周子
「ねー。さっすがプロデューサーさんってとこかなー。……よし、会場の下見はもういいかな。プロデューサーさん、またタクシーおねがーい。」

紗枝
「周子はんのことわかりはじめたんはいつ頃やったかなあ……。はじめて、一緒の曲のお稽古したときやろか。あんとき、周子はんの印象変わった気ぃします。」

周子
「ああ、『青の一番星』をふたりでやったときだっけ? たしかに、あたしもあのとき、紗枝はんの印象変わったなぁー。」

──旅館

周子
「旅館に到着っと。それにしても、『青の一番星』かぁ~。」

紗枝
「ゆにっと組んでしばらくは、撮影の仕事ばっかしで。初めて一緒に歌ったんがあんときやったなぁ。うち、いまでもよう思い出せます。」


べテラントレーナー
「ワン、ツー、スリー、フォー、ファイブ、シックス、セブン、工イト! うむ、塩見はさすがにできあがっているな。

周子
「まぁ、ふたり用にするって言っても、あたしの曲だしねー。振りもほとんど一緒だし。」

紗枝
「……うちは、まだまだやねぇ……。もっとひらひら動きたいもんやけど。」

べテラントレーナー
「小早川も、いまの段階でここまでできているなら上々だ。さすが、姿勢や動きの基礎がしっかりしている。」

紗枝
「ん……。ありがとうございます。精進しますー。」

べテラントレーナー
「時間より少し早いが、十分だな。今日はこれで終わりにしよう。」

周子
「お疲れさまでしたー。」

紗枝
「ありがとうございました。」

べテラントレーナー
「うむ、では、部屋の後かたづけは任せたぞ。」

周子
「紗枝ちゃん、日本舞踊やってたんだっけ? なんていうか、踊りに華があるよねー。」

紗枝
「塩見はんこそ、きびきび動いてはって格好ええわあ。うちもはよう振りを覚えきらんと。」

周子
「そんな焦らなくていいんじゃない? トレーナーさんもああ言ってたしさー。」

紗枝
「せやなぁ。……あ、ここの後片付けはうちがやっときます。塩見はんはお先にどうぞ。」

周子
「お、ホントに。紗枝ちゃんやっさしー。じゃ、あたしは先に帰るね。おっさきー。」


──数時間後

周子
「やー、うっかりうっかり。お財布忘れて帰るなんて、シューコちゃんやっちゃったー。って、あれ? レッスン場、電気まだ点いてるじゃん。消し忘れ……? ……あ……ふぅん、なるほどねー。ま、シューコちゃんは、忘れ物を探しに来ただけだからねー。お財布お財布ー♪」


紗枝
「はあ、ふう……。少しは動けるようなったやろか。これ以上遅うなるんはようないし、そろそろほんまに帰りまひょ。……あら? これ、飲み物と、書き置き?」

周子
『差し入れだよーん。ほどほどに頑張ってー』

紗枝
「ほんま、洒落た人どすなぁ……。」


周子
「懐かしいねー。あのとき、紗枝はん、ずっと残ってたもんね。あたしびっくりしたよー。」

紗枝
「ふふ。あんとき、周子はんは心根の優しい人なんやなぁってわかったんどす。」

周子
「ふっふー。まぁねー。シューコちゃんの半分は優しさだからねー。あたしもさ、あんとき、紗枝はんの根性を見て、印象変わったよ。この子、おとなしいだけのいい子じゃないんだなーって。」

紗枝
「褒めてもろたとこ悪いけど、なんやお恥ずかしいわぁ。うちのは根性とか真面目とか、そういうええもんちゃいますえ。うちが、自分に納得できひんと気がすまへん頑固者なだけや。」

周子
「いやいや、それが紗枝はんのいいところだよねー。ただ真面目なだけじゃなくてさ。じゃなきゃ、このシューコちゃんとここまで長くやってらんないって。あー……言ってて恥ずかしくなってきたよ。あたし、褒めるのも褒められるのも得意じゃないんだよね。」

紗枝
「ふふ。周子はん、照れてはんの~?」

周子
「やめてよもー、紗枝はんったらー♪」

──旅館

周子
「はーい。って、プロデューサーさん。お、なにそれ、八つ橋? いえーい、ありがとー♪ほらほら紗枝はん、プロデューサーさんから、八つ橋の差し入れただよーん。」

紗枝
「おおきに~。いただだきますー。」

周子
「むぐむぐ……やっぱさー、八つ橋はさー、バナナ餡とか、そういうやつがいいよねー。もっと攻めた餡をいっぱい出せば面白いのにー。」

紗枝
「八つ橋は、周子はんのおうちでいただいたんが、うちは一番好きやわぁ。」

周子
「あたしの家? ああ、そっか。あのときかぁ……。」

[家出娘たちが帰ったときだね]

紗枝
「家出娘なんて、かなんわぁ。うちら、えらい悪い子みたいや。」

周子
「まーでも、あたしたちは実際そうだったよねー。紗枝はんもあたしも、京都に帰ってこれるまで結構かかったもん。『青の一番星』歌ったのよりもさらにだいぶ後だったっけ?」

紗枝
「せやなぁ。たしか、先にうちが周子はんに励ましてもろたんやったなあ……。」


──女子寮

紗枝
「はあ……どないしまひょ……。」

周子
「お、紗枝はん。珍しくため息なんてついてどうしたん。」

紗枝
「あー……。実はさっき、両親から電話があって、正月ぐらいは帰ってこい言うてなあ。せやけど、どう言うたらええんやろ……。いま帰ってもええんか、考えてもうて。」

周子
「どゆこと?」

紗枝
「うちは、『自分の芸がどこまで通じるか試したい』ゆうて京都を出てきたんどす。せやのに、うちはあいどるとしてはまだ未熟者やさかい……。」

周子
「合わせる顔がない、みたいな?」

紗枝
「そうなんどす。せやから、どないしたええんやろって、悩んでたとこで。」

周子
「なるほどねえ。なーんか、紗枝はんもあたしと似た境遇だねえ。」

紗枝
「周子はんと?」

周子
「そーそー。ま、あたしの場合は完全にあたしが悪いんだけどねー。あたしはなんていうか、実家にいると息が詰まっちゃってさ。小さい頃から親の仕事見てて、あたしも将来家業を継ぐんだなーって思って。それが嫌なわけじゃないんだけど、なんとなく。あたしの人生、ゴール見えてるなー、みたいなかんじで。だらだらーって生きてたら、家を追い出されちゃったんだよね。」

紗枝
「それで、東京であいどるに? ふふ、えらい波乱万丈な人生やねえ。」

周子
「ほんとにねー。急におもしろい人生になっちゃって、シューコちゃん大困惑だよ。って、違う違う、あたしたち似てるねって話ー。ま、だからあたしが言うのも変な話なんだけどさー。紗枝はんは、帰りたくないわけじゃないんでしょ? だったら、帰ったらいいんじゃないかな? 真面目なのは紗枝はんのいいとこだけどさー。たまには、何も考えずに気分で行動したほうがいいこともあるよ。」

紗枝
「そう、どすやろか。」

周子
「そうそう。たまにはおねーさんの言うことも信じてみなって。」

紗枝
「うん……そうやね。周子はんがそう言うなら、うち、勇気出してみるわ。」


周子
「それで、紗枝はんはめでたくご両親と和解して、その後には凱旋LIVEもちゃんとやったんだよね。」

紗枝
「そうやねぇ。あんときの周子はんには、感謝してもしきれへんよ。ほんで、その後が、周子はんの番やったなぁ。」


──街中

紗枝
「しゅーうーこーはん♪」

周子
「おー、紗枝はん、お疲れー。番組スタッフさんたちも撤収しはじめてるし、プロデューサーさんさがしてあたしたちもいこっかー。」

紗枝
「プロデューサーはんは、たくしー捕まえにいってくれはったわあ。それよりも、周子はん。周子はんにお話があるんどす。」

周子
「ん? お話? あ、シューコちゃんの勘にびびっと来たよ。……やだなー。紗枝はん、なんか企んでるなー。」

紗枝
「企んでるて人聞きい悪いわぁ。そうやなくて、うちはただ……。周子はんに、おうちに帰ってもらおう思て。」

周子
「……はい?」

紗枝
「前、周子はんがうちの背中おしてくれはったやろ? せやから、今度はうちが周子はんの背中押す番やなって。プロデューサーはんも許可くれはったから♪」

周子
「え、ちょ、ちょっと待って紗枝はん。さすかにそれは話が急すぎひん? 心の準備がこう、ほら、ね……?」

紗枝
「待っとっても心の準備なんてできまへん。それよりも、飛ひ込んでみるんどす。」

周子
「こ、これホントのやつ? ドッキリとかじゃなくて? うそ、ほんまに言うてるん? 勘弁してほしいわあ─────。」


──周子の家

紗枝
「ほらほら、周子はん。女は度胸、や。」

周子
「わかったわかったって。もう、紗枝はんは強引なんだから……。……すぅ……。た、ただいまー……。」


周子
「さすがのシューコちゃんもね、あのときは冷や汗かいたよね。」

紗枝
「緊張してはる周子はん、おもろかったわあ。」

周子
「やめてよもう、恥ずかしいなぁ。紗枝はん、ときどきすっごい意地が悪いよねぇ。」

紗枝
「周子はんのいけずがうつったんとちゃいます?」

[一緒に歩いてきた道のりだったね]

紗枝
「うちと、周子はんと、プロデューサーはん。いろんなこと、経験さしてもらいましたわぁ。」

周子
「紗枝はんと組ませてくれたこと、感謝してるよ。ありがとね、プロデューサーさん♪」

──旅館

周子
「紗枝はん紗枝はん、なんかさー、懐かしい話ばっかりしてたら、シューコちゃん、また神宮行きたくなっちゃったなー。」

紗枝
「ええなあ。そうしまひょか。またそない遅くもあれへんし、いってきてもええどすか、プロデューサーはん?」

[OK]

周子
「ありがとー。じゃ、いってきまーす。」


──神宮

周子
「ホーントにここでやるんだね。あたしたちの、新曲。なーんか、ついこないだ、家を追い出されて東京行きの新幹線に乗った気がするんだけど。あたし、ここに帰ってきたんだねー。」

紗枝
「周子はん、珍しくせんちめんたるな感じやねぇ。感慨深いんは、うちもおんなしやけど。」

周子
「紗枝はんはさー。昔から日本舞踊とか習ってたんでしょ? そういうの、嫌だなあって思ったこと、ないの?」

紗枝
「そら、ない言うたら嘘になりますえ。でも今は、習ててよかった思とります。所作を美しく見せる方法やったり、色んな役作りやったり、あいどるの毎日にきちんと活きてるさかい。」

周子
「なるほどねー。たしかに、紗枝はんは動作か綺麗だよねえ。着物スキルにも、よくお世話になってるし。」

紗枝
「うちが着付けてふたりで撮影のお仕事したこともあったなぁ。」

周子
「あったねぇ。楽しかったなーあれ。ふふ、考えれば考えるほど、いろいろ一緒だったね、あたしたち。」

紗枝
「そういう周子はんはどうなん? また、京都を退屈や思てる?」

周子
「いや……いまは、あんまり。そうでもないかな。京都にいるときには気づかなかったいいところ、街並みの綺麗さや、空気の感じとか? そういうの、東京に出たから、見つけられたし。それにさ、どんなに否定しても、あたしか京都生まれだってことは変わらないんだよね。だったら、受け入れて、自分の武器にした方が、いろいろ便利かなーって。そのおかげで、紗枝はんとも出会えたし。なんてゆーか、うん、悪くはないよ。」

紗枝
「周子はん……。うちも、京都で生まれて、東京に出て、周子はんとあいどるできて、ほんまに良かったわ。」

周子
「なにそれー。なんか、引退前みたい。」

紗枝
「そないなわけやあれへんけど……でも、ひとつの区切りいう意味では、近いんかもしれへんなぁ。そう思たら、いろいろ考えてしもて。」

周子
「あー、それは、なんとなくわかるよ。区切り、か。たしかにそうかも。なんていうか、さ。ここを飛び出して、アイドルになってから。あっという間だった気がするけど、いろいろあったよね。」

紗枝
「いつの間にか、変わったなあ。うちら自身も。うちらから見た京都も。プロデューサーはん、周子はん、いろんな人との出会いが、うちを変えてきてくれたんやろなぁ。……周子はん、実はうちなぁ、本番がめっちゃ楽しみなんどす。」

周子
「お、奇遇だねえ。実は、あたしもでさー。早く歌いたい、踊りたいって、身体かうずうずしてる。こんなに昂るなんて、はじめてかも。」

周子
「懐かしい話も、しんみりした話もここまでにして──。うちらふたりで、京都に華を咲かせよっか!」

紗枝
「ええなぁ。うちもとことん、つきあいますえ。うちらの心、歌い上げたりまひょ。せっかくやし、もう少し京都の町を歩かへん? プロデューサーはんも、許してくれはるやろ。京都を、うちらの心にしっかり持っておきたいんどす。そや、いったんお宿に戻って、周子はんも着物で気分引き締めへん? 明日への、景気づけにしまひょ。」

周子
「お、いーねー。じゃあ、いつも通り、紗枝はんお願いしていい?」


紗枝
「周子はんも、いい加減着付けをちゃんと覚えたらどうどす? お仕事にも役に立ちますえ?」

周子
「いやー。紗枝はんがやってくれるから、別にいいかなーって。簡単になら自分でもどうにかできるけど、紗枝はんにやってもらうと気が引き締まるしねー。」

紗枝
「もう。また調子のええこと言うて。もう着付けしてあげまへんえ?」

周子
「……と、いいながらちゃんとやってくれる紗枝はんなのでした。ちゃんちゃん♪」

──LIVE当日

スタッフ
「はーい、羽衣小町のおふたり、リハおっけーでーす!」

フレデリカ
「すごいねー和だねーロックだねー。フレちゃんしびれちゃったー。」

周子
「おっ、フレちゃんじゃーん。どうしたの-? まだ本番じゃないよー?」

ゆかり
「私たち、おふたりのステージを見に来たんですけど……待ちきれなくて。来ちゃいました♪」

紗枝
「来てくれはって嬉しいわあ。うちらのりはーさる、どうやった?」

ゆかり
「ふたりとも、息ぴったりでしたね。格好よくて、美しいです。」

フレデリカ
「うんうん、それそれ。息ぴったり。熟年ふーふみたいだねー。」

ゆかり
「ふふ、フレデリカさん、ふたりはまだお若いですよ。熟年なんて言ったら、失礼です。」

紗枝
「ふふ。そもそも、うちらはめおとやありまへんえ? 祝言もまだやさかい。」

周子
「もう、紗枝はんまで悪のりして。テンション上がってるねぇ。」

紗枝
「そらぁ、りはーさるも終わりましたし。本番前は、嫌でも昂揚するもんどす。」

周子
「そうだよねぇ、もう本番だもんねぇ。うちの親も来るって言ってたし、失敗できないなぁ。」

紗枝 「うちも来る言うてましたわ。これは、ええとこ見せなあきまへんなあ。」

ゆかり
「おふたりとも、もうすぐ本番だというのに、随分と落ち着いてらっしゃいますね。さすがです……」

周子
「まぁねー。紗枝はんと一緒だからねー。あたしたちなら、大丈夫かなーみたいな。」

紗枝
「ずっと一緒にやってきたさかい。舞台に上がってみたら、思ったより景色違てびっくりしましたけど。」

周子
「あー、それわかるわー。なんていうかさ、昨日までは『神宮』だったけど、今日はLIVE会場だーって気がしたよね。」

紗枝
「お客はんが入ったら、きっともっと違う景色になるんやろなあ。」

フレデリカ
「なになに? フレちゃんわかんなーい。昨日も今日も、セットいっしょだよ?」

ゆかり
「いえ、フレデリカさん。違います。そういう見た目の話ではなくて、きっと──。」

周子
「そ、これはさ、あたしたちの心の話なんだよね。」

紗枝
「周子はんとうちの『羽衣小町』。うちらを形作ってるんは、ここまで積み重ねてきた毎日と、うちらの中にある伝統……京都ゆう、この場所どす。」

周子
「でも、そこに彩りを加えるのは、あたしたちの心だからさ。あたしたち次第で、これから、なんでも、変えていけるんだ。」

紗枝
「そう思えたからこそ、うちらふたり──今ならここで、きっとええLIVEかできるって思うんどす。」

周子
「紗枝はんとなら、京都のこと、もっと好きになってける。アイドルも、『羽衣小町』も、これからもずっと。」

紗枝
「うちも、周子はんとなら、京都をもっと彩れる思います。歌も、踊りも、なんもかも。」

フレデリカ
「おおー! なんか難しくてよくわかんないけど、かっこいいねーふたりともー!」

ゆかり
「おふたりの確かな信念、ですね……。あら、プロデューサーさんがいらっしゃいましたね。」

[そろそろ、本番だよ]

紗枝
「時間たつん早いわぁ。ほな、周子はん、ばっちしやりまひょ。」

[気合いは、十分? ]

周子
「もちろん。この舞台はさすがにあたしも、ワワワクするよ。だって、集大成だからねー。」

[集大成? ]

紗枝
「そや……うちも周子はんも、京都を飛び出して、フロデューサーはんに見つけてもろて、出会って、いろんな経験をして、成長してきたやろ?」

周子
「それで……あたしたち、この京都にまた帰ってきたんだよね。あたしたちの、初めてのユニット曲と一緒に。」

紗枝
『羽衣小町』の歴史の、大きな1ぺーじやなぁ。」

周子
「うん。京都の歴史から見たらちっぽけかもしれないけとさ、あたしたちの歴史の、大切な1日になるよ。」

紗枝
「周子はん、ここに来て謙遜はないわあ。京都の歴史にも、刻んだりまひょ。」

周子
「お、紗枝はん、だいたーん。でも、いいねえ。刻みつけちゃおっか。あたしたちの『現在」を!」

紗枝
「うちらの『現在』を!」

──LIVE翌日

周子
「んあ……母さん、起こしてくれてありがと。LIVE翌日は、さすがにまだ疲れが残ってるねー。まーでも、久しぶりに帰ってきて、ゆっくりできたよ。もうちょっといたらいい? んー、ごめんね。シューコちゃん、そこそこ人気のアイドルだからさー。それに、ここでのんびりするのもいいけど、あたしには向こうの騒がしい感じも合ってるみたい。うん……楽しいよ。アイドルはさ。心配性だなあ……あたし、意外とちゃんとやれてるって。だから、いってきます。」


──街中

紗枝
「もう、お母はん。わざわざ祇園までついてきて。そない何度も確認せんでも、忘れもんなんてあれへんって。いつまでも子どもや思て……うちかて、日々成長してますえ? 昨日の舞台、見てくれたんやろ? プロデューサーはんや、周子はんにまだまだ助けてもろてばっかしやけど……。うちももう、一人前のあいどるなんやから。また次に帰ってくるときは、も~っと大きなって帰ってくるさかい、楽しみにしとくれやす。あ、ほら、プロデューサーさんが呼んではります。ほな、行ってきます~。」


周子
「お、紗枝はん。おはよー。お土産、だいたいいい感じの選んどいたよー。」

紗枝
「プロデューサーはん、周子はん、おはようさんどす~。周子はん、おおきに~。」

[じゃあ、帰ろうか]

周子
「は~い。」

紗枝
「はい~。」


紗枝
「周子はん、周子はん、そろそろ起きなあきまへんえ。疲れてはるんはわかるけど、降りる準備せな。」

周子
「……んー? という、夢を見た……?」

紗枝
「夢やないて。ほら、はよう。プロデューサーはんも、周子はん起こすん手伝うてください。」


──事務所

フレデリカ
「おお~! シューコちゃん、ハロハロ~? しばらくぶりだね~?」

周子
「はろはろーフレちゃん。そうだねー、昨日の晩ぶりだねー。」

フレデリカ
「フレちゃん、シューコちゃんがいないから寂しくて10時間くらいしか寝られなかったよ~。」

ゆかり
「フレデリカさん、大丈夫ですか? 寝過ぎはかえって体に良くないそうですよ?」

周子
「あー……シューコちゃん、ツッコミ放棄~。紗枝はん、あとは任せた~。」

紗枝
「ええんどすか~? 光栄どすなぁー。では、こほん。ゆかりはん、周子はんはもっと寝てはるけど元気やから──。」

周子
「はーい。お土産の八つ橋だよ~。みなさーん。どうぞー。八つ橋だよー。」

フレデリカ
「わーい! いっただきまーす! ぱくぱく……ん~♪シューコちゃん味だね~♪」

ゆかり
「これはこれはご丁寧にどうも。実は私も、お土産があるんです。お返しに。」

フレデリカ
「これはまさか……八つ橋じゃーん! やったーっ! ぱく! ん~ゆかりちゃん味だね~♪」

周子
「みんな昨日まで京都におったやーん。って、フレちゃんはホントに遠慮なく食べるねえ。」

紗枝
「事務所に帰ってきたって感じやなぁ。ただいま──いうて。もうすっかり、こっちもうちらの家やなぁ。」

周子
「ねー。京都はもちろん故郷だけど。こっちも第ニの故郷、みたいな。うん──ただいま。」

[おかえり]

ゆかり
「おかえりなさい。」

フレデリカ
「おかえりー! で、ふたりとも、LIVEの感想はー?」

周子
「感想かあー。ま、ちゃんとできてよかったなーって。両親も『よかったよ』って言ってくれたし。ん~、なんだっけ、故郷に錦を飾れて、よかったよ。」

紗枝
「うちら自身、ええーぱふぉーまんすをできた思います。歌うてる間、えらいええ気分やったわぁ。」

周子
「新曲もらって。京都でふたりでLIVEして。いろいろ節目になったなーって思うよ。でも、なんていうか──。」

[ふたりの歴史はまだまだ続くよね]

周子
「そうだね。っていうか、むしろこれからが楽しくなってくところだよ。あたしたちと、プロデューサーさん、『羽衣小町』のこれから。」

紗枝
「これからも、うちらふたり、しっかりやりますさかい。未永く、よろしゅうお頼もうします。」

  • 最終更新: 2018/10/21 13:16
  • by 39.2.223.149