第30話 Every Day is a Good Day

フレデリカ
「フンフンフフーン フンフフー♪フンフフ フフー フンフフー♪フンフフフフーフンフフー♪」

周子
「お、フレちゃん。おはよー。新曲ー?」

フレデリカ
「オープニング曲だよー。さ、ということで始まりました一。ぱちぱちー」

周子
「ぱちぱち一。なにが?」

フレデリカ
「フレちゃんは、今日も元気にぶらぶらデリカ。ポジティブに楽しくいってみよー。ラビューラビュー、ブラデリカのお時間だよー。」

フレデリカ
「そしてみなさんこ存じ、生まれはフランス、育ちは日本、黙っていれば美人だけれど、口を聞いたらもっと美人のフレデリカちゃんと一?」

周子
「とー?」

フレデリカ
「とーーー……。」

周子
「あー、シューコだよー。ってことかな。で、それ、なに持ってるの? カメラ?」

フレデリカ
「うん、回ってるよー」

周子
「どうしたのそんなカメラ持って。なにかのロケ? 運動会の撮影って事はないでしょ。」

フレデリカ
「ブラデリカ・LIVE直前スペシャルなんだ一♪」

周子
「ふーん。番組ロケかぁ。だから、カメラ回してるの? フレちゃん本人自ら?」

フレデリカ
「そうそう。これで、アタシが気になるところとかモノを撮りなから、プライベート感たっぶりにお散歩しちゃおうってわけなのだ!」

周子
「ほーん。で、なんであたしもそれに出ることになってるのん?」

フレデリカ
「シューコちゃんなら、なんだかんだで付き合ってくれそうだから~♪」

周子
「まあ、いいか。どうせヒマしてたし。よろしく一」

フレデリカ
「それしゃあ、ブラデリカLIVE直前スペシャル、スタート~♪」

フレデリカ
「は一いっ、ということでさっそく街へお出かけするよ~。」

周子
「編集点作ってる……。フレちゃん、適当に見えて意外とちゃんとしてんのね。」

フレデリカ
「なんのことかな~? おっ、さっそくゲストがやってきたよ~。」

周子
「ゲストっていうか、たた道歩いてる人つかまえてるだけだなー。あ、カメラあたしが持と一か。」

フレデリカ
「ヘイへーイ。そこのカノジョー、一緒にブラデリカしないかーい?」

ありす
「フレデリカさん? なにをしてるんですか、こんなところで。あ、周子さんもお疲れさまです。」

周子
「ありすちゃん、ども一。ほら、カメラ回ってるよー。スマイルスマイルー。」

ありす
「カメラ……?」

フレデリカ
「それではここで、全国一千万の橘ファンに向けて一言、どうぞ~?」

ありす
「そんなにいたら……まぁ、ありがたいですけど。いきなり一言と言われても……。」

周子
「んじゃ、ロケについてきてもらおっか。これから時間ある?」

ありす
「ま、まあ、今日は自主レッスンだけなので時間ありますけど……。」

フレデリカ
「てってれ一ん♪ありすかなかまになった! ここでそうびしていくかい?」

ありす
「装備って……じゃなくて、橘です!」

周子
「じゃ、ここからは3人で行こっかー。」

フレデリカ
「よろしくですぞ、たちばなし~。」

ありす
「立ち話ってなんですか?」

フレデリカ
「橘氏、ですぞ~。」

周子
「ということで、事務所を出て街にきたわけだけど、ん一、ここらはなかなか人か多いねー」

フレデリカ
「橘氏~、迷ったらこの金髪と銀髪を見つけてほしいですぞ~。手を繋きたかったら繋いでもイイですぞ~。」

ありす
「なんですかそれ。迷いませんよ、もう。手も繋ぎませんって。」

周子
「で、フレちゃん。カメラ回しなから街に出たけど、ちょっと困ったことになってるね。」

フレデリカ
「困ったこととは……あぁ、橋氏がデレてくれないことね! 手を繋いでくれない! もう! いけず!」

ありす
「はい?!」

フレデリカ
「アタシはこんなに愛しているのに……」

ありす
「あ、愛って……いじってからかっているだけしゃないですか、もう。」

フレデリカ
「そんなことなくなくなくないよ~。いや、それってあるのかな? ないのかな? ところでなにがあるんだっけ?」

周子
「愛だよ愛。っていうコント、いろんな人が見てまーす。」

通行人A
「アレ……アイドルの……」

通行人B
「だよな……。」

通行人A
「すげー、顔ちっちぇー。」

ありす
「あっ、ちょ、ちょっと! フレデリカさん、これじゃ私たちのイメージが……!」

周子
「アイドルから芸人になっちゃうよ~」

フレデリカ
「ん一、ただ美人でカワイイだけのアイドルより、美人でカワイくて面白いアイドルの方か好きだよー♪」

ありす
「フレデリカさんの物言いって、言ってることは適当なのに謎の説得力かあるのがずるいです。」

フレデリカ
「ほめてくれてありがと一♪アタシもありすちゃんの素直な言い方、心にスッと入ってきて染み渡るのがありすちゃんって感じだよー♪」

周子
「だよだよー。」

ありす
「……なんですかそれ。まあ、それでもいいですけど。」

ありす
「でも、このやりとりも全部撮られてるし、周りのみなさんに見られてるんですよね。どうにかしないんですか?」

フレデリカ
「そんなこともあろうかと、もうちょっといくと次のゲストがいるんだ。そろそろかなー。」

周子
「お、次の犠牲者は誰かなー♪」

ありす
「お2人のノリ、独特すぎてついていくのか大変です……」

フレデリカ
「は一い、と言うわけでやってきたよー。いやー、時速5キロの旅、のんびり進むねー。」

ありす
「ここは……?」

春菜
「あ、みなさん! 待ってましたよ~! 遅かったじゃないですかー!」

フレデリカ
「春菜ちゃん、おつデリカー♪」

周子
「どーもどーも一。」

ありす
「上条春菜さんですね。お疲れさまです。で、とうしてここで待っていたんですか?」

春菜
「よく聞いてくれました! ……うぅ、実は私も知らないんですけど。」

ありす
「えぇー……。」

フレデリカ
「春菜ちゃんには変装用の眼鏡を見つくろってもらいたいなーって思って、呼んだんだよー。」

ありす
「そんな役目のためだけに……なんという出演者の無駄づかい……。」

春菜
「いえ! 無駄ではありません!! むしろ、アイドル界で一位ニ位を争うほど適切な人選です! 私にお任せくたさい!」

周子
「ヘー。そうなん。」

春菜
「眼鏡アイドルと言えば? そう、私でしよう! ……いや、もっと大先輩もいますけど。ここは、私の出番です。だからフレデリカさんの選択は正解です!」

ありす
「はあ……。」

春菜
「では、さっそく選んであげましよう! こっちにお店がありますから!」

周子
「ほーい。眼鏡屋さんに入るんだねー」

春菜
「はいっ、というわけで、選びました! では、ますはありすちゃんから、どうぞ! カメラ、回ってますよ~! モデル風にお願いします!」

ありす
「どうも。橘です。眼鏡をかけていると、知的に見えると聞いたことかあります。そういう意味では適切だと思いますが、いかがでしょうか。」

春菜
「いいですね~! とっても似合ってます! 知的! それでは次、周子さん! どうぞ!」

周子
「ばば~ん。ん~、なんか、変な感じ。」

春菜
「いえいえ! とっても似合ってますね! 美人顔! それでは最後、フレデリカさんどうぞ!」

フレデリカ
「は一い♪眼鏡はフランス製か鯖江製にかぎるよね~♪」

春菜
「うーん、これはもう非の付け所がありません! 掛け慣れてますね! オシャレ上級者のセンスを感じます!」

フレデリカ
「そうそう、自称上級者だからどんなお店も入っちゃうもんねー。」

ありす
「でも、こんな眼鏡一つで本当に変装できるんですか? あんまり変わったようには思えないんですけど……。」

春菜
「そんなことはありません! たかが眼鏡一つ! されど眼鏡一つ! それ一つで、人は変われるんです!」

フレデリカ
「そーだね。ほんとに大事なのは眼鏡じゃなくて、銀窺をかけて、変わったと思う気持ちなんだよ。」

ありす
「深いですね……」

周子
「いまのそれ、適当に言ってるだけだよー。」

ありす
「えぇー……!?」

フレデリカ
「春菜ちゃん、眼鏡セレクトありがとー♪さすがベスト眼鏡ドレッサー♪」

春菜
「いえいえ。……みなさんのお手伝いかできてうれしいです!」

ありす
「あの、ありがとうございました!」

周子
「うんうん。いいセレクトだったわー。」

春菜
「みなさん、グッド眼鏡フェイスですよ!」

フレデリカ
「は一いっ、次の目的地にやってきたよ。待ち人はどこかなー?」

周子
「というと、この場所にあった人選なのかな~?」

フレデリカ
「それじゃ、次なる時速4キロの旅、いってみよー♪」

ありす
「疲れて歩くの遅くなってるじゃないですか……。」

フレデリカ
「さぁ、お店の前にやってきたよー。ここっていったい何人分の服かあるんだろうねー。一体だから1人分かなー?」

春菜
「言葉遊びがお上手ですねー。」

周子
「適当なのになんだかんだ編集点作ってるからうまいわー。」

フレデリカ
「そろそろいると思うんだけど一……。おーい、金髪娘~? はーい。」

ありす
「自分じゃないですか!]
フレデリカ
「じゃあ、金髪だけとフランス生まれじゃない娘~? 金髪だけど埼玉娘~?」


「埼玉、いいところだよ! なぁんもないけど!」

フレデリカ
「やっほー☆唯ちゃん、お待ち一☆」


「フレちゃんやっほー☆周子ちゃんもちゃんありもはろはろー。お、春菜ちゃんもおひさー!」

周子
「はろはろー。」

春菜
「お久しぶりです!」

ありす
「ちゃんあり……!?」

フレデリカ
「で、埼玉産の金髪ちゃんこと唯ちゃんには、LIVE前ってことで、あそこに連れてってもらおうと思ってさー。」


「任せて任せて☆フリータイム予約してあるから! ありすちゃん、テンション上げてこ一!」

ありす
「いったい、なにが……。」

フレデリカ
「さあ、始まるよ~! フレちゃんLIVE~♪」

周子
「って、カラオケやないかーい。」

ありす
「あそこって、カラオケだったんですか……。どこに行くのかと思ったら、まさかこんなところに……。」


「スタジオで練習って、なんか肩こっちゃうんだよねー。のびのび自由に歌うなら、ここでしょー!」

ありす
「はあ……そういうものなんでしょうか。」


「カラオケのメンバーズカードもさー、ポイント貯まるしー♪」

春菜
「そっちか目的ですよね! ふふっ!」

フレデリカ
「ということで、みんな集まってるし、LIVE前の練習をしてみようかなーって思って!」

周子
「ほんじゃ、さっそく曲いれてこかー。」


「ぴっぽっぱ……と♪ほい、フレちゃんマイクど一ぞ♪」

フレデリカ
「めるし一♪それじゃあ、聞いてくたさい……フレデリカ宮本で、『き・ま・ぐ・れ☆ Café au lait!』」


「ひゅーひゅー♪」

周子
「よっ、フレデリカ!」

フレデリカ
「どーもどーも一♪歌の練習も、バッチリだよ~♪」

ありす
「練習っていうか、カラオケじゃないですか……!?」


「ねーねー、次なにいれる?」

周子
「唯ちゃんと春菜ちゃんいるし、『Snow Wings』いれたらええやん?」

春菜
「あぁ、いいですね! じゃあ、次は『Tulip』ですか?」

周子
「となると最後は……」

ありす
「……え。」

フレデリカ
「生存!」

周子
「本能!!」

フレデリカ・周子
「ヴァルキュリア!!!」

ありす
「な、なんでそうなるんですか~!」

フレデリカ
「あはははっ! だって聞きたいじゃない? みんなで歌えたら、楽しいもん☆さっそく曲入れちゃお~♪ぴっぽっぱー……ぷっぺっぽ……。」

春菜
「ふふっ。……フレデリカさんといると、なぜか楽しい気持ちになるのが、不思議ですね。」


「人徳、人徳~♪やっぱにこにこしてるフレちゃんといたら、みんな笑っちゃうっしょー。」

周子
「意外とみんなに気をつかってるしね。素なのかちゃんとしてんのか、よく分かんないけど。」

ありす
「……なんか、ずるい人ですね。もう。」

フレデリカ
「さぁ、みんな、準備はいいかい! ここから3曲、連続でお届けします! みんな、はりきって参りましょー♪」

  • 最終更新: 2017/09/17 13:37
  • by Bobbie Bobrow